2017-10-31 10.41.34

個人的な秋の年中行事のひとつに、糸車の手入れがあります。
普段はしまい込んでいる糸車を拭いてワックスがけするだけですが、木の乾燥対策としても、出したついでに使ってみようという気になる度からしても、寒くなりはじめが頃合いだと決めています。
今年も手入れを済ませ、今週から久々に糸紡ぎを始めました。

 

2017-10-31 10.33.32

もこもこ太い双糸と、細い単糸。どちらも綿です。
何になるかはまた今度。

 

糸紡ぎは、編み物の次に付き合いの長い「いとへん」手仕事かもしれません。
最初は、押入れを圧迫していた古布団の処遇を考えていたときに友人がスピンドルでの糸紡ぎを教えてくれ、古布団が使える!という理由でわた(羊毛でした)を引っぱり出しつつ紡いでいました。
でも糸が作れるという驚きと、親指と人差し指の間からするすると糸が生まれ出てくる感覚がだんだん癖になり、スピンドルを回す右手首が腱鞘炎になってもサポーターを巻いて続けていたほど。

その後運よく熊本の古い糸車を購入することができ、インターネットと図書館と電話を駆使してパーツを作り、調整し、回し、調整し…
見かねたその友人が鴨川和棉農園さんでの収穫~布に仕立てるまでのワークショップ参加券を誕生日にプレゼントしてくれて、根本的な間違いに気づき、ようやくまともに糸車を操作できるようになりました。
習うより慣れる、が基本姿勢(と言いますか習うのを待てない)ではありますが、習ってからは慣れるのが早い!
以前少し触れた織作家さんと、鴨川和棉農園さんがいらっしゃらなければ、挫折していたと思います。
本当にありがたいことに、それからは手首を痛めることもなく、ゆるやかに、へたくそながら糸紡ぎを続けてきました。

編むにも縫うにも結ぶにも糸は必要で、糸を通してこれまでいろんな人に出会い、繋がってこられたような気がします。
私にとって糸紡ぎは、それを思い出し確認するということでもあるのだと、糸車のハンドルをくるくる回しながら思いました。

今紡いでいるのは、100年近く実家に眠っていた布団の打ち直し用の綿。
なんだか布団の中身ばかり紡いでいるようです。